取材のお申込み

取材要項 第54回日本周産期・新生児医学会学術集会 報道関係者の皆様へ

第54回日本周産期・新生児医学会学術集会の取材活動に当たっては、本取材要項をご確認いただき、事前に「取材申請書」による申込を行ってください。
学術集会当日の取材申込は学術集会会長及び取材対象者ならびに座長から事前に許諾を得てください。
なお、取材活動に当たっては、下記規定のもと運営スタッフの指示に従ってください。お守りいただけない場合、入場・取材をお断りすることがあります。

1.取材資格

  • 新聞・テレビ・ラジオの報道関係の方
  • 学術雑誌等の記者・出版社の方
  • 共催企業の社内・外配布資料制作担当(社内記録用の録音・録画含む)の方

2.取材申込

  • 本取材要項をご確認のうえ、2018年6月29日(金)までに「取材申請書」を学術集会運営事務局にFAX(03-5275-1192)もしくはメール添付()でお送りください。
  • 後日、運営事務局より取材申請書に諾否についてご連絡いたします。
  • 取材許可を得ている取材申請書を、当日必ずご持参ください。

3.入場受付

  • 取材当日は、必ず「総合案内」窓口(ホールC・2F)にお立ち寄りください。
  • 取材許可書、お名刺と引き換えにPRESS用ネームカード・PRESS用腕章をお受け取りください。
  • ネームカード・PRESS用腕章は、お帰りの際に必ず受付時間内に「総合案内」へご返却ください。
  • 学術集会抄録集をご購入希望の場合は、日本周産期・新生児医学会事務局デスクにてお申し出ください。

4.取材時のご注意

  • 会場内では、PRESS用ネームカードをご着用ください。ご着用でない場合は入場をお断りします。
  • 会場内では、運営スタッフの指示に従ってください。
  • 許可する取材活動は、本学術集会に対する取材です。企業共催プログラム、展示会場の出展企業、本学術集会参加者等を対象とする取材を許可するものではありません。
  • 上記の取材が必要な場合は、運営事務局への取材申請書とは別に、必ず取材対象企業・個人に事前に取材許可を得たうえで、運営事務局に提出してください。
  • 講演会場内での写真撮影・ビデオ撮影・録音は原則お断りします。
  • 取材時に撮影・録音等の許諾を必要とする場合は、取材申請書に取材手段をご記入いただき、座長・演者等の取材対象者からの許諾を得てください。
  • 取材対象者以外の方の撮影は許可されません。
  • 著作権・肖像権の侵害にあたる恐れのある取材、個人情報保護の観点から問題となる恐れのある取材は許可されません。
  • 講演発表・討論を通じて個人が特定できる、もしくはプライバシーに触れる可能性がある事項に関しては、取材・報道は許可されません。
  • 講演会場内での携帯電話・その他通信手段の使用はお断りします。電源を切るかマナーモードに設定してください。
  • 取材に際し、学術集会事務局・運営事務局から特別に要請・指示があった場合には、本内容に関わらず指示に従ってください。
  • 学術集会事務局ならびに運営事務局は、学術集会期間中の個人への取材目的でのアポイントメントなどについて、仲介・調整は行いません。
  • その他取材に関しての質問は、総合案内へお申し出ください。
  • 取材申請者は、取材申請書にて許可された取材内容を利用できるものとし、それ以外の使用は認められません。
  • 学術集会会長が取材要項に抵触すると認めた場合、取材の中止・制限や取材者全員の退場を求めます。取材者は指示に従ってください。

5.取材内容の報道・掲載について

  • 特定の個人・企業等への誹謗中傷となるような内容は、報道・掲載しないよう遵守願います。
  • 報道・出版等の公表に際しては、科学的正確性を期すため、取材対象者にその内容の事前確認・承諾を得てください。
  • 公表された取材内容が科学的事実と異なっていた場合、取材対象範囲を逸脱していた場合等が確認されたときには、謝罪を含む修正を取材申請者の責任で行うことが必要です。公表手段は取材内容を公表した媒体と同じとしてください。